本文へ移動

講演会・セミナーのご案内

波動分析からみた今後の主要市場展望 -大きな潮流が転換し始める中、考えておくべきこと-【東京開催】

講師:吉野 豊(よしの ゆたか)氏
   SMBC日興証券株式会社 株式調査部 チーフテクニカルアナリスト

         
日時及び会場:2022年5月30日(月)15:00~16:30(14:30開場予定)
       東京証券会館 9階会議室
       東京都中央区日本橋茅場町1-5-8 
       東京メトロ 東西線・日比谷線 茅場町駅下車(8番出口 )

   
【講演要旨】
1989年のベルリンの壁崩壊以降、長期間続いたグローバル化とそれに伴い、物価が安定し、金利が低下を続け、米国株式が高騰を続ける局面は終わりつつあると思われる。2020年以降のコロナ禍と今春のロシアのウクライナ侵攻により、世界は分断化の時代へ移行し、パンデミック後の未曽有の財政拡張と金融緩和の結果、物価や金利は上昇基調へ転換し、今後は為替市場や株式市場などへも大きな変化を及ぼすとみられる。このように大きな潮流が変わり始める中、波動分析の観点から、主要市場の今後の展望について解説する。


【講師プロフィール】
1986年、日興證券に入社し、日本株、外国為替のトレーディング業務などに従事。1999年から2010年まで日興ソロモンスミスバーニー証券(現シティグループ証券)に移籍し、テクニカルアナリストとして活動。2010年3月に日興コーディアル証券(現SMBC日興証券)に移籍し、現職。
2022年日経ヴェリタスアナリストランキング テクニカルアナリスト部門第2位


※当研究会の講演会・セミナーはどなたでも無料で参加できます。参加を希望される方は以下の「講演会・セミナーお申込みフォーム」よりお申込みください。
  
【講演会中止時の対応につきまして】
講演会を中止する場合には、ホームページへ掲載いたします。原則、参加申し込みをされた方へ個別に中止の連絡はいたしません。講演会当日のホームページを必ずご確認ください。

TOPへ戻る