公益財団法人資本市場研究会
トップページ
ご案内
書籍案内
月刊資本市場2014年7月号
サイト内検索
Loading

 

月刊資本市場(2014年7月号)の主な内容

明日への話題

経営者は忍術使いに
岩井コスモ証券 取締役社長 沖津 嘉昭

レポート

投資信託の14年改革と今後の課題 公益財団法人
日本証券経済研究所 特別嘱託調査員
杉田 浩治
議決権種類株式上場制度の活用について アンダーソン・毛利・友常法律事務所
弁護士
吉井 一浩
日本版スチュワードシップ・コードを
真に実効的にするために
〜概説・あるべき姿・展開〜
みさき投資株式会社 代表取締役社長
日本投資環境研究所 調査部
主任研究員
中神 康議
上田 亮子
中国地方政府債務問題とシャドーバンキング問題 大和総研 経済調査部
シニアエコノミスト
齋藤 尚登
米国経済:長期金利が示唆する需給両面での
中期低成長局面
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
エクイティリサーチ部
エクイティリサーチ課
シニアエコノミスト
森山 昌俊

コラム

「失われた20年」ではなく「モデル転換の20年」
〜過去最高企業利益を可能にしたもの〜
武者リサーチ 代表 武者 陵司

おりおりの記

忠犬ハチ公
公益財団法人 資本市場研究会 顧問 長岡  實

美術館のある風景 (第10回)

パブリックアートの展開〈その二〉
―パブリックアートからアーティストの活動する街へ
三菱地所株式会社 美術館室 恵良 隆二

明日へのかけ橋 (第52話)

インボイスは悪者か
中央大学 法科大学院 教授
東京財団 上席研究員
森信 茂樹

インサイド・アウト アジア

モディ新政権でインドは変わるか
大和総研 経済調査部 児玉  卓
解説コーナー
岐路に立つベトナム経済
――人件費競争でミャンマーなどが猛追

常盤橋 (第43回)

ECB、マイナス金利の読み方
――超過準備と効果の関係

市場概況 (6月)

(株  式) 先高期待で堅調に推移

(公社債) 消える「恐怖」、進む金利低下

パトロール

(兜  町) バブル相場の足音

(本石町) マイナス金利の効果に懐疑的

(霞が関) 成長戦略、企業統治強化と年金運用見直しが柱

参考指標

関連団体の動き

資本市場日誌 平成26年6月1日〜平成26年6月30日

----[contentsblock]ここまで-----

財団法人資本市場研究会WEB